糖尿病で失明の危険 - 健康サプリ

INDEX トップ > 健康メモ一覧 > 糖尿病で失明の危険

思っていたより糖尿病は怖い。

知人の親戚の方が先日、糖尿病が原因で失明したそうだ。
突然に目が見えなくなるというのは恐怖だ。でもなぜ、糖尿病で失明するのだろうか?調べてみよう。

糖尿病で目が悪くなる症状のことを
「糖尿病網膜症」と言うそうだ。

これが原因で失明する人は年間約3000人ほどもいて、現在、日本で失明する原因の第2位。失明原因の第1位は緑内障。

糖尿病とは?

まず、糖尿病とは血液の中に糖が多いことによって発症する様々な症状をいう。
血液中の糖は、ある程度の割合になると尿にも漏れ出すので、尿検査で異常を知ることができる。よく耳にする「インスリン」はその血液中の糖の量を抑える働きをしていて、膵臓からこのインスリンがうまく出ないことで糖尿病が進み、やがて重症になると注射などでそれを補う必要が出てくる。

なぜ血液中に糖が多いと体に良くないのか?

糖はいろいろなたんぱく質とくっつきやすい性質を持っている。その性質の影響で細かい血管に障害が出るということだ。 血管もたんぱく質でできている。
眼の場合、網膜の毛細血管がやられる。長期間、血管内に高濃度の糖があると毛細血管がボロボロになって出血する。この状態が「糖尿病網膜症」で、やがて網膜剥離(はくり)をおこして失明に至る。

眼以外にも血液をろ過する腎臓内の細かい血管や手足の指先の血管などにも影響する。
腎臓でおきるのが「糖尿病性腎症」で腎不全の原因になり、また「糖尿病性神経障害」では合併症により手足の細胞が壊死してしまうこともある。

ここまで調べて糖尿病が恐ろしくなってしまった。

では、糖尿病にならないためには?

どの資料を見ても、「食事と運動」ということが書いてある。糖尿病は生活習慣病だ。

肥満の人は糖尿病になりやすい。確かにこれは統計で出ている。
まずは食べ過ぎない飲みすぎないということだ。食べ過ぎると膵臓に負担がかかりインスリンが出にくくなるのだ。

そもそも日本人は欧米人種に比べてインスリンが出にくいのだそうだ。それでいて欧米人と同じような食事を摂っていては良くないというのはわかる。

やっぱりユネスコ無形文化遺産に登録されている和食がいいのだ。
秋刀魚に大根おろし、ごはん、味噌汁。今日はこれにしよう。

それでは、ごきげんよう。