相性抜群の目薬が見つかる

黒猫

薬は体に悪いという勝手な信念によって、風邪薬も胃薬もここ十数年飲んでいない私ですが、薬をまったく使わないわけでもなく、痛風の痛み止めや、傷の消毒液、すでに完治してはいますが水虫の薬などは使用します。

それから今回テーマの目薬。

ハードコンタクトをしているので、目に負担が大きいのだろうと思いますが、目が疲れて充血したり、先日書いた瞼裂斑(けんれつはん)という病気になったりします。

ここ最近も、疲れてくると以前かかったウィルス性結膜炎のときと同じような症状(充血と目ヤニ)に悩まされていまして、目薬も結膜炎用と、コンタクトの上からできる何種類かの目薬など併用しながらなんとか生活をしてきました。

困ってしまうのは、目ヤニの成分がコンタクトに付いてしまい、仕事に集中できず、放っておくとレンズが白くなってしまって一日に何度も水で洗いながら付け直すことになります。

だったのですが、この度、タイトルの通り、相性抜群の目薬が見つかったのです。

なんと、さきほど書いていた症状が一夜で、一夜で、解消したのです。

今日三日目ですが、三日前までの症状がうそのように快適に仕事をしています。

本当に不思議。目ヤニも充血もピタリと止まりました。

こんなことってあるんですね。

これがその目薬、ロートアイストレッチコンタクト様です。

目薬

回転寿司に行った帰りになんとなく寄ったマツモトキヨシでなんとなく買ってみた目薬なんですが。感謝いたします。

科学者でも医者でもないので、成分なんか見ても全然わからないわけですが、おそらくこの成分の中に、何か自分の症状を消してくれる何かがあるんだろうと思うわけです。

わからないと言いながらも、最近使った目薬の成分と比較して載せてみます。

ソフトサンティア ひとみストレッチ(参天製薬)

ビタミンB12(シアノコバラミン) 0.02%
ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.005%
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩) 0.1%
エデト酸ナトリウム水和物、ホウ酸、ポビドン、等張化剤、pH調節剤を含有します。

アイリスCL-Iネオ(大正製薬)

タウリン 1.0%
塩化ナトリウム 0.56%
塩化カリウム 0.113%

サンテ抗菌新目薬(参天製薬)

スルファメトキサゾール(抗菌成分) 4.0%
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03%
グリチルリチン酸二カリウム 0.25%
タウリン 0.5%

ロートアイストレッチコンタクト(ロート製薬)

ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.005%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.5%
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.01%
ピリドキシン塩酸塩 0.01%
※添加物として、ホウ酸、ホウ砂、l-メントール、d-カンフル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、エデト酸Na、等張化剤、pH調節剤を含有します。
防腐剤(ベンザルコニウム塩化物、パラベン)を配合していません。

目薬2

ずいぶん前に水虫のページ(旧サイト)に書きましたが、大手製薬会社の薬が全然効かず、あまり聞いたことのないマイナー水虫薬で完治した経験があります。

そんなわけで、間違いなく薬には相性がある、という事を再確認できた一件でした。

同じ症状でお悩みの方、もしかすると改善するかもしれませんので、一度この目薬を試してみてはいかがでしょうか?

アマゾンでも買えるようですので紹介しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA