肝臓によい食べ物とは? - 健康サプリ

INDEX トップ > 脂肪肝を治す > 肝臓によい食べ物とは

肝臓の健康には食事が第一

基本は高たんぱく高ビタミン
以下、特に肝臓に良いと言われる食品をピックアップしてみましょう! ただ、これらだけ多く摂っていればいいということではなく、やはりバランスが大切なようです。

高たんぱく高ビタミンですから、肉も野菜もしっかり食べることが大切。 でも大前提は、飲みすぎない、食べ過ぎない。ですね。

【ウコン】
クルクミンという成分により分解酵素が活発に働いて肝臓の解毒機能が高まる。
・胆汁(脂分を分解する)の分泌を促進させる。
・春ウコンより秋ウコンの方が効果が高いという記事が多い。

【しじみ】
オルニチンという成分によりアンモニアを尿素に変換し肝臓を活性化する。
(アンモニアは生命活動のエネルギーとなる成分の生成を妨げる有害な物質であり、それを肝臓が解毒する。つまり、この解毒という大変な作業を肝臓がしなくてよくなる。)オルニチンは食品の中でしじみがダントツ一番で量が多い。

【豆乳】
・豆乳に含まれているレシチンは脂肪肝の脂肪を取り除く働きがある。

【ゴマ】
・ゴマに含まれるセサミンは強い抗酸化作用やコレステロールを低下させる働きがあり肝臓の働きをを活性化。
・ゴマは活性酸素を撃退する成分ゴマリグナンが含まれているが、これが肝臓で一番効果を発揮する。

【海藻類】
・ワカメや昆布などには、肝臓の代謝機能を助け肝臓細胞を増やす作用がある。

【牡蠣】
タウリンにより、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出し肝臓を活性かする。

では、肝臓に悪いものとは。
肝臓を疲れさせないためにはできるだけ酸化防止剤、着色料、酸化防止剤などの食品添加物を含まない食品が良いです。
肝臓の大きな機能の一つに解毒がありますが、食品添加物などは肝臓にとっては毒に近いもので、これらを分解するのに大変なエネルギーを使って疲れてしまうわけです。 そう考えると、あまり訳のわからないサプリメントなども大量に飲むのは良くないでしょうね。
本来の人間の自然な食べ物、今の時代はちょっと難しいけど、そういう食生活が肝臓にとっての理想ですね。